スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人事採用ネタに思うこと

今日は人事採用ネタで2本。いずれも徳保さん(趣味のWebデザイン)がコメントしてるもので十分という気がしますが、蛇足エントリ。

新卒内定者アルバイトが歪んだ人事評価をもたらす最悪な経営判断 - igi/blog(ブログ)
徳保さんも「つまんないことで同僚を蔑視してコミュニケーション不全を起こすような人材が集まる会社というのは、どうやっても経営に苦労するはず」と指摘されてますが、新卒にしてもらう1年未満の仕事自体が問題ではないような気がします。そんな仕事ぐらいで同僚を蔑視し続けるような社員の方が、私はどうかなぁと思いますが。それに、学校と企業とどちらにいる方が価値があるかなんてケースバイケースですよね。これも徳保さんがつっこんでますけど(それにVoxのURLは確かに長い 笑)。
人事部長の採用一直線 面接官のワナ
妙な圧迫面接とかグループ面接よりストレートな感じで、個人的には好感が持てます。いろんな会社があるわけだから、いろんな面接方法がある。別に正解はないし、「面接を受けに来る人がウソつきばかりだから本音を引き出すテクニックが開発された」というゲームみたいなものかと思います。まぁ、あんまり楽しいゲームじゃないですけど、会社も生き残っていかなきゃならないわけで、真剣にゲームを企画してると考えればそれでいいじゃない。

就活ってゲームだなぁと思います。企業面接なんか、各社特色あるゲームそのもの。「こんなゲームつまらない!」っていう会社とはやっぱり縁がないわけで、(そこそこ)好きになれてうまく攻略できるゲームを他に探す、という。

私は大学3年の終わりにちょっとだけ「就活」に参加しました。すぐに自分からドロップして大学院に行くことになり、大学院も2年でドロップして就職せずに今に至りますけど。でもフリーランスで仕事を得ようと思ったら、自分らしいプレースタイルをより出すという違いはあれ、やっぱり社会のゲームに参戦しなきゃいけないんですよね。会社を作ったら、社員の採用=自分でゲームを企画、なわけです。コメントにあった「社会不信」だなんて言わずに、まずはゲームにチャレンジするしかないんじゃないかなぁ。少なくとも今はそう思います。

プロジェクトワークとしてのデザイン

なんだか今関わってるプロジェクトワークの考えに通じるところがある気がしたのでクリップ。具体的にどう関係あるかは半年後くらいにわかるかと思います(謎)

63歳の世界的デザイナーが挑む、新しきウェブデザインの世界 - CNET Japan

ブックマークを整理中 3

今回もいくつか。

萌え理論Blog - なぜニュースサイトはアクセスが多いのか
趣味のWebデザイン経由。なるほど確かによくまとまってます。
Dave's Blog: ソーシャルネットワーキングサービス:Piczoについて
SNSのひとつであるPiczoの紹介。「プリクラ的な使い方」とは面白い。
firebugs で iGoogle のヘッダデザインを解析 (でぃべろっぱーず・さいど)
しっかりとした分析。技術とデザインをうまく組み合わせた手法ですね。
実際に買って読んだPHPの参考書レビュー
PHPを真剣にやりたくなってきますた。

ブックマークを整理中

友人に強力にdel.cio.usをプッシュされたので、放置気味だったはてブのデータを整理しつつインポート中。1年ぐらい前からなので300件超もある・・・ぼちぼち見直していこう。

何をブックマーク「しない」かって難しいところではあるんですが、とりあえず「あとで読む」系はやめとく(あるいはブックマークしてもすぐに消す)ことにしました。気になった記事は、その都度ブログにしていこうかと思っていますので(ま、気持ちとしてはね)。ということで、作業中に機なったものをいくつかピックアップ。古いのもありますが。

洞察力の定義(いつもふと思い出すこと) | i d e a * i d e a
洞察力という言葉が適しているかはよくわかりませんが、これはすごく大事な能力だと思います。私も10年くらい前から意識するようになりました。物事の関連付けが自分なりにできると世の中面白くなりますよ、ほんと。
Mind Clip ニコニコ動画がYouTubeに嫌われた本当の理由。
ほんと、メタデータって面白い。動画に限らず。
CrispyShop - Precise product comparison
情報のビジュアライズの面白さを改めて実感させてくれます。Firefoxのみ対応なのはがんばってほしいところ。

発想にまつわる2つのネタ

忙しくなって2月は更新がめっきり減っちまったよ。

kengoさんが「Going My Way: 図書館を自分の書庫のように利用する発想の転換」で素敵な考え方を書いてましたので引用。

都民税を払っているわけだから公園のオーナーは自分。自分の公園と思えば?散らかそうとか思わないだろうし。公園の散歩も、自分の庭の見回りをしているんだと思ったりしてみてはどうでしょう?
こういうLifehackは万人にお勧めしたいですね。気持ちはとても大切。

ついでにもうひとつ。「Going My Way: 会社にとっての収入とは?」で紹介されている「重要なのはアイデアではなく、そのアイデアを持っている人々だ」というのは本当にそうですね。書籍「ひとつ上のプレゼン」だったかに「大切なのはアイディアであって誰がそれを出したかではない」という話がありますが、これはアイディアの所有者を主張すると他者によるブラッシュアップが阻害される、ということだったかと思います。アイディアマンの集まる広告の現場と違って、例えば私のようにフリーで活動していると、誰かからアイディアを受け取る機会が限られてきます。自分で考えるのが仕事と言えばそうなのですが、やっぱりすごいアイディアは誰かが教えてくれるもの。職種や分野が違う誰かの一言にはっとする瞬間というのは、本当に貴重な体験ですし、ありがたく幸せなものです。そんな誰かは本当に大切な存在。

釣り見出し

Yahoo!のトップページ右にあるトピックス欄に、ニュースの見出しが7つほど出ています。狭いスペースなので1項目15文字程度で見出しを付けなければいけないわけですが、クリックしたくなる(続きを読みたくなる)コピーのお手本として、Web系専門誌でも記事なったりしています。と、昔は私も評価していたのですが、最近はいただけない。芸能ネタが占める割合が多くなってきただけならまだしも、見出しとリンク先の内容にギャップを感じることもしばしば。

例えば「朝青龍Vにも週刊誌『八百長』」とあるんですけど、リンク先の記事は一見朝青龍の優勝に関する事実報道だけのように見えます。記事全文を読み、さらに「続きを読む」をクリック(JavaScriptを使って非表示にしてあるようです)して、やっとその記事が出現。でもこれは「おまけ扱いの文章」であって本題ではないでしょう。タイトルも「朝青龍 大鵬超え!最速20度目V」ですし。クリックさせたい気持ちはわかりますが、やはりもう少し公共性の高い話題を、ストレートな形で提供してほしいと思います。何度もクリックして探さないと目的の記述を見つけられないのでは、探せずに諦める人も出てきますし、騙されたと思う人もいるでしょう。こういう手法は、姑息な感じがして残念です。

まぁ、スポーツ新聞のタイトルのいい加減さはネットでも同じで

Yahoo!ニュース - スポーツ報知 - ラモス監督、開幕戦惨敗なら解任覚悟…東京V会長が強烈ゲキ

ねぇ。「ラモス監督には、とにかく勝っていただく。きつい言い方だが、1試合1試合、進退をかけて戦ってもらいたい」が「開幕戦惨敗なら解任」と書かれるんですから。なんだかな。

赤ちゃんがかわいい、について。

「くりす流」で紹介されていた「うちの3姉妹?マンガで見る今日の出来事?」がとても面白いです。子供がいなくても面白いのだから、同じような歳の子どもがいる親なら一層でしょうね。

そういえば最近、職場の同僚や大学の先輩に相次いでお子さんが誕生しています。携帯に送られてきた赤ちゃんの写真を見て「かわいいよねー」という話に花が咲くのですが、よく思うのが「赤ちゃんはどうしてかわいいのか」という問い。

いや、赤ちゃんなんてかわいくないやい!とか言いたいのではないのですよ。ただ不思議なんですよ。赤ちゃんには他人がふと声かけたりすることってよくありますよね。でも赤ちゃんを睨んだりどやしたりする人は見たことがないです(大人にならありますけど)。みんな笑顔になってしまう赤ちゃんって、不思議な存在なんです。少なくとも今の私にとっては。

ということでGoogle大先生に安易に聞いてみました。「ほぼ日刊イトイ新聞-主婦と科学。」は興味深い記事ですので、みなさんもぜひ。

結局のところ「いずれにせよ、目の前の子どもたちが可愛く思えるって事は幸せなことなんだろなーと思います(上記ページから引用)」ということですね。うんうん。

どんなセミナーだよ

mixiのコミュニティ経由で知った「ネクサス アドバンスセミナー」ですが。

タイトル「美しいWebデザイン 今まで来た道、これからの道」って、最初見たとき安倍さんの発言となんかの映画のタイトルを絡めたネタなのかなと思いましたよ。「Webサイトの誕生から現在に至るまでの過程を中心に、ウェブデザインのアプローチ面や実装面から考察します」とか「単に表層を捉えるだけでない、真に美しいWebとは何かについてを考えていきます」って、それぞれの言葉の指す意味がアバウトでよくわからないですし。

前振り読んでる時点でさぞかし怪しげな団体の主催なんだろうなとか思ってたら、プレゼンターはkaradesignの原一浩さんで、主催はあのデジハリ(笑)。そうか「ネクサス」って書いてあるもんな。

うーん・・・何が話されるのか知りませんけど、概要書くのならもうちょっと書き方があるんではないのかなぁ、デジハリ担当者さん。

追記:

上部バナーを見ると、ネクサス アドバンスセミナーのキャッチコピーが「目指すのはアカルイミライ。」とあるので、私の冒頭の推測はあながち間違いではないのかも(?)それにしてもなんというか・・・。

ブログバトラーやってみた。

面白そうなので「ブログバトラー」をやってみることにしました。ブログパーツでドラクエみたいな方式で対戦ゲームをするものです。サイドバーの下の方に設置しているので、どうぞ戦って行ってください。(01.21追記:重くなった気がするので個別記事下に格下げ)

試しにGoogleで見つけたブログと16試合やってみたのですが、普通にやると負けない、なぜか。16戦15勝。強すぎ。唯一の1敗は、読み込み中にエラーで敗戦処理されたもの。魔法の数がやたら多く「コンピューター」とか「テーブル」が(笑)2回ヒットしたら倒してしまう感じ。自動戦闘のときは魔法使わないから負けちゃうのかなぁ。試してないからよくわかりませんけども。

でもグラフィックとかよくできてますね。今年はいっそうブログパーツがはやりそう。楽しきことは素晴らしきことかな。

コメントが引き起こす感情

import otsune from Hatena - 「罵倒に耐える」という感情システムは、観測範囲が生活圏周辺しかなかった時代の盲腸なのではないだろうか?

なかでも

Amazonレビューでは「他のレビューを見る」をクリックしないと、評価の低いレビューは表示されないという1クリックのクッションが入っている。iTunes Storeでは0クリックで表示されてしまう。そのたった1クリックの違いは、人間の古い感覚にとっては大きな差として見えるもんだ。

というのは、なるほどいい例だと思いました。

「すべてのカスタマーレビューを見る(**件)」というリンクを押すときは、次に表示されるレビューの数も事前にわかるので「中にはつまらないコメントもあるだろう」という心づもりもできますし、各コメントに対する評価も見られるので、単にコメントが羅列してあるのと比べると印象がずいぶん違いますね。ほんと、些細な仕組みがずいぶん大きな差になるんですね。