スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

とりあえず天皇杯から。

新年明けましておめでとうございます。今年もみなさんにいっぱいお世話になるので、何卒よろしくお願いしますね。

諸事情で今年の元旦は例年以上にフツーの一日でした。天皇杯もおうちでがっつり見ましたよ。あれだけガンバが攻めに攻めて、ずっと死んでた永井にワンチャンスを決められて負けるというのは、なんとも辛いところです。活躍できる移籍先が見つかるといいね、永井くん。ツネさんは新天地で頑張ってください。

レッズはこれで来年のACLの出場権ゲットですか。まだこれから今年のACLやるってのに話が早いなぁ。というか、リーグ戦の2位までに出場権とかにしないのは何ででしょう。もしくはナビスコカップの勝者とか。レッズがJ2に落ちることは当分なさそうですけど、前回の東京ヴェルディみたいな例があるじゃないですか。

今年はサンフレッチェが残留争いなどしませんように。優勝争いせよなどとは言いません。FWの補強をしないんだったら前スンや桑田(字が出ない)あたりが成長してほしいなぁ。

目先の勝利よりも大切なこと

昨日はJリーグ最終節。すでに2部降格が確定していた京都サンガに続き、セレッソ大阪の自動降格も決まりました。アビスパ福岡はヴィッセル神戸との入れ替え戦に望みをつなげましたが。

私は長年サンフレッチェ広島を応援していますが、弟が地元セレッソ大阪のサポータということもあり、セレッソの試合はかなり観に行っています。今年は両方とも最後まで残留レースに参戦していたのですが、サンフレッチェは10位まで順位を上げることができました(団子状態ですが)。その要因は様々あると思いますが、私は青山・柏木という若手がスタメンに定着し結果を残したことを第一に考えています。逆に言うと、下から3つのチームには若手の活躍というのが少なかったからこんな結果になった、という気がします。

京都は林・田原といった若手が結果を十分に出せず、2列目で点に絡むべき星・加藤・美尾も目立った仕事ができずじまいでした。福岡は古賀や中村という若手の主力がいたものの、いかんせんFWの駒が足りないまま最後まで来てしまいました。飯尾もケガなどがありましたしね。

C大阪は少し事情が違って、FWは非常に実力のあるメンバーが揃っていました。森島と西沢はベテランですが、大久保は若い。でも彼らに点を取らせる組織的な動きがチームにないのが致命的だったように思います。塚田監督はサイド攻撃を主体としたサッカーを目指していたようですが、その狙いは最後までうまくいきませんでした。右のサイドは苔口や酒本や山田が、左のサイドはゼ・カルロスや徳重や古橋が交代で務めるような状況で、両サイドが安定して機能しなかったからです。

私は、名波を入れればサイド攻撃を諦めても連動性が生まれて攻撃ができる、と考えていたのですが、監督は名波を中心に据えるサッカーに全面切り替えをしたわけではありませんでした。かといってサイドに人材がいないのは変わらず、柿谷や森島(デカ)ら10代の選手も計画的に使ってこなかったわけです。いつまでも伸びない若手に加え(藤本あたりはよくやってましたが)、現有戦力の質を結果に結びつけられない監督の手腕のなさが重なり、降格という結果になったように思います。

このように、チームを引っ張る若手の不在が降格の要因、と私は考えますが、それと同じくらいにフロントのお粗末さもあると思うんですよね。3チームとも開幕前に十分な補強ができなかったですし、監督の人選も現状を打開するようなインパクトに欠けていました。中断期も含めて最後まで効果的な手を打てず、ない戦力を保守的に使うようなサッカーではやはり厳しいです。

私は、チームの目指すべきサッカーがはっきりしていて熱さを感じるなら、サポーターはついてくると思うんですよね。なかなか結果が出なくても、極端な話舞台がJ1でもJ2でもいいと。私たちは、夢を追っていっしょに頑張れるチームを愛したいと思うものです。サンフレッチェはお金もコネもないチームですけど、チームの方向性はしっかりしている。そこが好きなんですよね。

J2も混戦模様ですし、京都やC大阪が来季で昇格を決められるかどうかは微妙なところです。私は、昇格を急ぐよりもチームとしての中身をしっかりすることを優先して、まずはもう一度愛されるチームになってほしい、そう思います。

サウジ戦。

試合内容や結果云々より、試合終了後のTV中継のテロップに「オシム激怒か」とか出ているのがいちばん印象的でした。アジアカップの予選でありながら、オシムのリアクションにしか焦点がないとは。そんなにオシムのおっちゃんに怒られたいんかいな。

結局記者会見でのオシム監督の話には、マスコミが期待したわかりやすい苦言がありませんでしたね。仕方がないのでこう書くわけです。

語録ばかりがスポットを浴び、試合でオシムマジックはまったく披露されない。「私も胸は痛い。でも、選手と一緒のバスには乗りたくない」という言葉で締めくくった敗戦会見は、29分25秒のロングラン。だれが聞いても言い訳のオンパレードで、名監督のオーラはまったく感じられなかった。

「オシム語録消えボヤキ連発…29分25秒の言い訳会見 」(ZAKZAK)

「オシムマジック」って別にオシムがひとりでサッカーやってるわけではないでしょう。オシムがキレのある苦言を呈せば日本代表が良くなるわけでもないんですから。

どうなんでしょう、シムジャパンもスタートしたばっかりだし、内容云々を言える段階じゃないのかなぁというのが、見ていての率直な感想です。選手個々の状況判断能力とか冷静に試合を読む目とかは、これから育成していかなければならない部分でしょう。選手個々の力の足し算と内容との関係という意味では、まぁ敵地でサウジ相手だしあんなもんじゃないですかね。駒野はもうちょっと精度あるクロスを上げてほしかったなぁ(広島ファンとして)。多分気負いすぎたんでしょう。

もうちょっと待ったら試合内容や選手が焦点のレビューが出てくるのかな。イエメン戦が終わっての中東遠征総括待ちかな。

オシム・ジャパンに望むもの

川淵さんが口を滑らせてしまったのは何ともですが、このまま順調にいけば日本代表の監督はオシムさんになるようですね。選手を型にはめて組織のクオリティで勝負したトルシエ。選手の自由を尊重し個のパフォーマンスで勝負したジーコ。2人はある種両極の手法と考えられるので、その間をとるのがオシムだ、ということで。

毎晩ワールドカップを観ていて思うのは、やはり日本は組織で勝負するしかないんだろうな、ということです。世界の檜舞台に登場するチームはどこも強豪で差がなく、勝負を決めるのは目の覚めるようなシュートやパス、つまり個人技です。今日のメキシコVSアルゼンチンの決勝点も、思い起こせば大会最初のゴールも、アローイージの一発もそう。日本にもそれがないとは言いませんが、劣悪なピッチコンディションと疲労の中でその一発が出る可能性は、他国に比べて高くない気がします。同時に、厳しい状況で個々の競り合いになったとき、日本が勝てる可能性はやはり高くないと思います。だから、一対一、個のぶつかり合いで正直に勝負するのは難しい。

一発は仕方がないと思うのです。一発があっても逃げ切れるようなサッカー。一発が出る可能性をできる限り低くするサッカー。一度引き寄せた流れを放さず、相手の戦意を削ぐような老獪なサッカー。そこを日本の組織力で実現してもらいたいと思います。

もちろん、個の能力は磨いてもらいたいですよ。自分たちで局面を打開する判断力、意欲は継続して磨いてもらいたい。個々の特徴をチームが押し上げるような、そんなサッカーをしてもらいたい。玉田が出ても大黒が出ても似たようなサッカーじゃだめなんです。

若手の伸び悩み、オーストラリアのアジア枠参入、今大会のアジア勢惨敗で懸念されるアジア枠削減など、4年後は本大会出場すらなかなか厳しいとする見方も多いです。ホップ・ステップ・ジャンプ。ジャンパーはオシム監督だけではありません。4年後がどうなっているか、それはそれで楽しみだと私は思います。

クロアチア戦まであと2時間

ジーコ監督就任以来の残酷な敗戦、しかもワールドカップ本大会の初戦で、もうあとがない状況。もうすぐクロアチア戦ですが、意外にいいサッカーをするんじゃないかな。いや、してほしいなぁという願望かな。

私はジーコが自由な(選手自らが考える)サッカーを掲げたとき、この4年間が日本サッカーの将来にいい影響を与えるなら、ドイツ大会の結果が大したことがなくても構わない、と思っていました。次の飛躍のためのステップになるならと。

が、やっぱり勝って学べるのならその方がいいですし、次のブラジル戦を無駄にしないためにも可能性を残してもらいたいですね。予想とかでもなんでもないですが、日本は勝つ、と思います。

日本が試合巧者になるのはいつの日か

オーストラリアが思ったより強かったとかいう声を聞きますが、それはたぶんオーストラリアのプレーぶりをあまり観たことがないからだろう、と思います。あの試合をみる限りでは、むしろオーストラリアは思った以上に強くなかったという気がします。ヴィドゥカは前線の起点にはなっていましたが、キューエルは怪我あけで怖さがありませんでした。驚いたのが両サイドの動きで、右サイドは突破する意思がほとんどなく、左サイドもブレシアーノが下がってからはアーリークロスを上げるのに徹していました。というか後半途中からはサイドを完全に捨ててましたね。両ウィングの攻撃に特徴があるオランダの監督には似つかわしくない、愚直に前線にハイボールを上げるサッカー。何をもって強いと言うかの話ではありますが、サッカーの質としてはどうかと。そして日本はそれ以上に弱かったということです。結果から言えば。

オーストラリアの体力が思ったより落ちなかった、という感想も微妙なところで、残り30分ですでにバテバテというふうに私には映りました。もっともそれは日本も同じです。ただ、バテているのがどのポジションの選手かという意味で、日本とオーストラリアには違いがありました。オーストラリアは守備陣が疲れから棒立ちでした。そのおかげで日本は何度かチャンスを作りました。でもパスやトラップにミスがあって点が取れません。日本は攻撃陣が疲れていたのです。

柳沢に替えて小野を中盤に入れたということは、ジーコ監督としては90分間守備を頑張っていこうという方針だったのだと思います。オーストラリアは、守備陣には期待せず点を取ることに力を注ぎました。負けているから当然かとは思いますが、0-2のリスクを冒して1-1を狙いにいったわけです。前線に当ててこぼれ球をつないでシュートの繰り返す。これを続けていれば、いつか日本は暑さからくる消耗でミスを犯すはず、そんな狙いがヒディング監督にはあった気がします。早くから長身FWを入れてきたことも、潔いというか、それしか勝機はないんだよという感じすらしました。

結果は、日本がミスをして失点し、勢いに勝るオーストラリアがその後得点を重ねたわけです。元気の残っている日本の守備陣とオーストラリアの攻撃陣がぶつかりあうこと30分。日本は守りきるミッションだったわけですが、自分たちが屈強なイタリアや狡猾なメキシコならともかく、30分も守りきる選択は日本にとって得だったのでしょうか。守りきるのは難しいから、攻撃陣にフレッシュな選手、例えば玉田のような個人で打開するタイプの選手を入れて追加点を取る可能性に賭けるのが良かったのでは、と思います(実際オーストラリアの得点者は途中出場の選手でした)。2点目が入れば相手は気落ちするかもしれません。攻撃が停滞し、守備の負担が減ったかもしれない、残り時間が少なくなれば諦め気味になったかもしれない、と思うわけです。こういうのも立派な逃げ切り戦術でしょう。

日本はわざわざ相手の土俵で相撲を取ったような気がします。オーストラリアは攻めるしかなかった。日本は攻撃に何割エネルギーを割くか選べる立場にあったけれども、守備に9割という道を選択した。それだけのことですが、私としては上手い選択に見えなかったわけです。だから、日本が試合巧者になるのはいつの日だろう、と思うわけです。

ワールドカップがはじまるよ。

さぁ、あと数時間でワールドカップが始まります。

今大会は結果が予想しにくい顔ぶれというか、抜きん出て強いというチームがないような気がします。あえて優勝候補を挙げるとすればブラジルとイタリア。ブラジルは中盤の豪華さに比べ、FWのコンディションや調子がどうなのかが気になります。ま、太ってても微熱があってもロナウドはロナウドですけどね。やっぱり優勝するなら、アドリアーノとかも大爆発で他を圧倒っていうのを期待したいんですが、どうですかね。

イタリアは逆に前線が面白いです。トニとかジラルディーノとか、リーグで好調をキープしている人たちがいるので。トッティやインザーギとかもいい。心配は、八百長疑惑とかの精神的な影響。できたら攻撃サッカーで新アズーリを見せて優勝してほしいです。

先日韓国人の友人と両国の成績予想をしたのですが、お互い1次リーグ突破で良しという結論でした。韓国のアン ジョンファン・イ チョンス・ソル ギヒョンのFW陣って4年前から主力なわけで、高原や柳沢が先発組の日本と状況が似ています。中盤より後ろも、両国とも若手はいるけれど、やはり前回大会のスターが中心。良く言えば成熟が期待できる、悪く言えば新たな積み上げ感は乏しい、という。だから監督の手腕というか、トータルのチーム力が成績に大きく影響する気がします。決勝トーナメントで強豪と接戦の末敗れる、そのあたりができれば御の字かなと。

そして次の大会は、おそらく今大会のメンバーからかなりの選手が代わるでしょう。今大会は79年生まれのゴールデンエイジに代表される選手たちの大きな見せ場、ひとつの節目かなという気がします。結果重視でなくてもいいので、実力をフルに出すことを最優先に、いいサッカーをしてもらいたいですね。

野洲と日本サッカーの描く夢

「ちょい悪でセクシー」なプレースタイルの野洲が、高校サッカーの頂点に立ちました。優勝してしまったのだから、それはまぎれもなく強いということです。

いろんな人が「うまい」と言うのですが、単に華麗なテクニックなら、例えば静岡学園の
10番はいつもすごくうまかったですし、滝川第二の林丈統や帝京の田中達也はすばらしくうまかったと記憶しています。でも野洲の「うまい」選手は、エースである青木のような特定の選手だけではなく、前線からバックラインまで全員だということ。なんで最終ラインから3人かわしていくのかな、君たちは。

囲まれてもボールを蹴りだすことなく、最終ラインからゆったりと回していく。いったんドリブルしたらどこまでも離さず、シュートチャンスに見える場面でもワンタッチでパスを狙う。技に溺れると批判するのはたやすいのですが、優勝しちゃったんだもん、褒めるより他にないでしょう。

日本人はテクニックがあるが、相手に囲まれると途端にミスが多くなる、とはよく海外のサッカー通から言われることです。その点、野洲の選手は全員がどんな局面でも普通にやろうとしていました。もちろん全試合それが実際にできていたわけではないですが、その意図は他のどこよりも強く伝わりました。観ている者に「やりすぎなんじゃないか」と思わせるほど頑なその姿は、セレソンがゴール前でトリカゴをやるように華麗にパスを回す姿と重なりました。そこまで徹底して初めてスタイルが生まれる、ということなのでしょう。

野洲高校の監督の目標は、日本代表に選手を送り込んでいくこと。今の代表には野洲の選手はいません。ならばそれに近いプレースタイルを感じる選手と言えば、私は松井大輔が浮かびました。小倉隆史が描ききれなかった夢、小野伸二が一休みしている夢、中村俊輔がひとつの形として描こうとしている夢。それが日本のサッカーのスタイルだ、ということになれば、それもいいなぁと思わせてくれる今年の高校選手権でした。

バレー

W杯予選リーグの組み合わせだとか、天皇杯でセレッソ5ゴールだとか、かたやサンフレッチェホームで惨敗とか、サッカー好きにとってはネタの多い日だったわけですけれども。

スポニチ Sponichi Annex J1・J2入れ替え戦試合結果

衝撃度では比較にならない1試合6ゴール。J史上初。しかも1部2部入れ替え戦で2部のチームの選手が成し遂げたわけだから、別に柏ファンでも甲府ファンでもなくたって戦慄ものです。まさに神降臨。

永田は試合前なめていなかったか?宇野沢は去年の同じ頃舞い上がっていなかったか?南、波戸、土屋、明神、玉田、平山、矢野。来年春に何人がレイソルに残っているかはともかく、選手ひとりひとりがこの現実を糧に成長してもらいたいものです。

柳沢敦と肝試し理論

試合前の柳沢は、今までで一番精悍な顔つきをしていました。試合中も、ゴール前で果敢にシュートを試みる姿が目につきました。先制点も、彼があの浮き球に対して誰よりも早く得点イメージを描けたからこそ、生まれたのではないかと思います。

元来シュートへの強い意識が持ち味の大黒とのツートップは、北朝鮮にとっては「隙を見せればシュートを打たれる脅威」に映ったことでしょう。もちろんFWならば常に点を狙うものですが、2人は実際にゴール前でシュートを数多く打ちました。思っていてもなかなかシュートに持っていけない、ということはよくあります。しかし彼らは打つというステップまで何度も持っていったのです。それは評価されてしかるべきだと思います。

シュートを打てば必ず入るわけではないけれど、打たなければ入りません。10や20のシュートで得点結果は1・2点、もしくはゼロというのも珍しくないけれど、だからといって2〜3本は打たせても構わないという話にはならないのがサッカーです。だから打たれるのは怖い。いつもドキドキしているのが守り手の心境です。相手FWがより積極的に狙ってくる選手だとしたら、たとえただ立っているだけでも怖いものです。サッカーは一瞬で点が入るスポーツです。

柳沢はうまい。高い。強い。速い。シュートも果敢に打つ。そう相手に思わせるだけで、勝負の何割かの部分で優位に立つのだと思います。そして、そうした精神的な優位性は何よりも大きいのではないでしょうか。

任天堂の宮本さんの「肝試し理論」の話を思い出します。出るかもしれないと思うから、肝試しは怖い。絶対出ないって決まってたら怖くない。場の緊張感や楽しさを支えているのは、実際に出るかどうかではなく、出るかもしれないと思うことにある、というのです。

これは「マリオカート」というソフトで、カートレースにランダムで出現するアイテムを入れることの是非の議論で出てきた言葉です。アイテムをなくそう、テクニックの純粋な競争の方が面白いのではないか、という意見がある。いっぽう場の局面を変えてしまうようなアイテムはあるが、その出現率は低い。でも出る可能性はあるし、出たら怖い。出るか出ないかの確率のバランスが良ければ、それはユーザーに緊張感と楽しさを与える。だからアイテムを採用することに決めたと。

きっと北朝鮮のDFは、テレビで観戦していた私たちと同じように、柳沢のシュートが決まるイメージを脳裏に抱きながら守っていたでしょう。期待と危惧という違いはあっても、それが「出るかもしれない」緊張感を生んだことには変わりありません。あの試合もバーレーン戦に続き精神力の闘いであったとするなら、柳沢のプレーは少なからず効いていたと思うのです。柳沢にはこれからもずっと、周囲にそんな緊張を抱かせる選手であってほしいなぁと思うのでした。