スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

CSSレイアウトをどう捉えるか

先日コメントいただいたヒトミンさんのところでCSSレイアウトがけっこうな話題になっていますね。

高度なビジュアルデザインの実現のためにテーブルレイアウトが発明されたという経緯があるので、制作者もその手法に慣れている、もっと言えば相当のノウハウを蓄積しているわけです。ところがCSSでのレイアウトは、そうした手法とずいぶん違うので、まずやり方を覚えるのに時間がかかります。続いて、ブラウザのCSS解釈の仕方がまちまちなので対処に骨が折れます。さらに、テーブルレイアウトで簡単に可能なことがCSSレイアウトではどうも大変、余計にややこしいコードを書かないと実現できない、というケースがあります(逆もありますけどね)。こうしたことは、時は金なりの制作現場では厄介なこと。

ウェブデザインのビジュアルは、コーディングの手法に大きく影響されているんだと思います。テーブルレイアウトが得意なビジュアルパターンと、逆にCSSレイアウトが得意とするビジュアルパターンがあります。CSSレイアウトはどれも同じでつまらない、と言われる理由はそこにもあるんじゃないでしょうか。

CSSレイアウトが推奨される理由として、それによってHTMLとCSSの本来あるべき記述方針に沿うことができる、つまり情報と装飾を分けることができる、ということがあります。これは、ビジュアルデザインとは直接関係のない話ですよね。だから見た目オリエンテッドな考え方だけでは理解できません。サイトというプロダクトをトータルに見て、どんなコーディングをすべきかを考えましょうということです。

ブラウザの実装の問題もありますし、サイトは見た目じゃないんだ!と大声で言い放っても一般人の意識はそう簡単には変わりません。だから「この案件はテーブルレイアウトにするか、CSSレイアウトにするか」という二者択一的な考え方ではなく、ハイブリッドデザインを採用したり、バグの少ない箇所からCSSを使っていくなど、可能な範囲でお互いのメリットを最大限活用する落としどころを探っていくのが、個人的には最良の手段だ思っています。

そうした考えでいれば、Dreamweaverなどのコーディングソフトや、Contributeのような更新支援ソフトも、だんだんと現場の希望する方向に変わっていくのではないかという気がします。目指すべき理念を理解し、そのうえで現実的な選択をする。大切なことはそこではないかと思います。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントする

この記事のトラックバックURL

http://blogsowhat.jugem.cc/trackback/226

この記事に対するトラックバック

ヒトミンさんの "WEB デザイナーの日記" を中心にしてW...

CSSによるデザインはそんなにコストがかかるのか? | kankichi@blog:SAKURA edition | 2005/04/07 2:26 PM

今回僕が作製したこのブログテンプレートは、テーブルレイアウトではなく、CSSレイアウトを採用しています。テーブルレイアウトとは、表(table)を作り、その中に要素をブロックとして入れていくことでWEBサイトをレイアウトしていく方法です。CSSレイアウトとは、クラ

CSSレイアウトとテーブルレイアウトの話 | 士道覚悟 | 2005/08/17 6:54 PM