スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

こっちもいいよ。

A「コンピューター買おうと思ってるんだけど、何がお勧め?」
B「う〜ん、このiMacとかはどう?ノートならiBookとか」
A「え、もしかしてMacユーザー?」
B「そうやで」
A「なんか、MacユーザーってみんなMacをすごく勧めるよね」

毎度毎度交わされる会話ですが、先日もやってきました。
私はMacユーザーですが、仕事の都合でWindowsを使うことも多く、両方使ってみた結果「やっぱりMacの方が好きだなぁ」と思っている人間です。Macのどこが良いのかという質問もよくされますが、私なりの答えは「Macのプラスアルファが好き」に集約されるかなぁと思っています。ただ単にやりたいことが「できる」というだけでなく、「楽しくできる」とか「思い通りにできる」とか「簡単にできる」とか、Macを使って何かを実現するその過程で生理的な付加価値があるといいますか。例えば、システムのアイコンがかわいいとか、iMovieで直感的にビデオ編集ができるとか、Macの筐体がかっこいいとか、そういうことです。

こういう付加価値は、生産性を上げる直接的な要素にはならないかもしれないし、WindowsにはWindowsの文化があるわけで、誰にとっても魅力的なものだとは必ずしもいえないでしょう。こういう付加価値を人に説明するときに「Macは楽しいよ」と直で言ってしまう私ですし、その具体的内容を説明しても全然ピンとこない人もいるはずです。

私は、趣味も仕事も含めた個人用のコンピューターを買うときにいちばん大事なのは、そのコンピューターを好きになれるかどうか、だと思っています。コンピューターって面倒なことも実際多いし、思い通りにいかないことも多々あります。そういうときにコンピューターそのものを嫌いにならないでいれば、いつか近いうちに自分なりの使い方が見つかるはずだと思うんです。だから筐体のデザインがいいとか、仲のいい友達と同じ機種だとか、なんとなく店でピンと来たとか、そういうお気に入りの理由があった方がいい。性能や機能にシビアになるのもいいですけど、入門者はコンピューターとの相性もわからないですから、直感とか気分って案外大事じゃないでしょうか。

残念ながら、Macに対する出所不明の偏見はいくつかあるようで、しかも小さなお店にはMacそのものが置かれていないですから、買う前にMacにトライすることは現状としてちょっと難しいです。意識して探さなければMacには会えませんから。でも、できるならお店でMacもWindowsも触ってみてもらいたい。それで気に入った方を買えばいいんです。

コンピューターを楽しく上手に活用する人が増えてくれることが私にとってはいちばん嬉しいことで、それがMacだろうとWindowsだろうと別に構わないんです。ただ、楽しいことはMacにも眠っているし、同じ趣味や同じものが好きだっていう人と話がしたいじゃないですか。Macで困ってる人がいたら少しは相談に乗れますし。

MacユーザーはMacの話題で朝まで盛り上がれるというのは、ある意味真っ当な表現だと思いますし、それにはたぶんいろんな理由があります。でも好きなことで楽しく話ができることって、そんなに悪いことじゃないでしょう。話題がデザインの話なのかCPUの話なのかは別にして。

「こっちもなかなかいいもんだよ」そう言って私は一度は人にMacを勧めます。もちろん、これからも。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントする

この記事のトラックバックURL

http://blogsowhat.jugem.cc/trackback/37

この記事に対するトラックバック