スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

赤ちゃんがかわいい、について。

「くりす流」で紹介されていた「うちの3姉妹?マンガで見る今日の出来事?」がとても面白いです。子供がいなくても面白いのだから、同じような歳の子どもがいる親なら一層でしょうね。

そういえば最近、職場の同僚や大学の先輩に相次いでお子さんが誕生しています。携帯に送られてきた赤ちゃんの写真を見て「かわいいよねー」という話に花が咲くのですが、よく思うのが「赤ちゃんはどうしてかわいいのか」という問い。

いや、赤ちゃんなんてかわいくないやい!とか言いたいのではないのですよ。ただ不思議なんですよ。赤ちゃんには他人がふと声かけたりすることってよくありますよね。でも赤ちゃんを睨んだりどやしたりする人は見たことがないです(大人にならありますけど)。みんな笑顔になってしまう赤ちゃんって、不思議な存在なんです。少なくとも今の私にとっては。

ということでGoogle大先生に安易に聞いてみました。「ほぼ日刊イトイ新聞-主婦と科学。」は興味深い記事ですので、みなさんもぜひ。

結局のところ「いずれにせよ、目の前の子どもたちが可愛く思えるって事は幸せなことなんだろなーと思います(上記ページから引用)」ということですね。うんうん。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントする

この記事のトラックバックURL

http://blogsowhat.jugem.cc/trackback/444

この記事に対するトラックバック