スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

おかいもの、おかいもの。

デジカメを買うことにしました。近々友人の結婚式に出席するので、どうせならそれまでに買っちゃおうかと。で、あらかじめネットでいくつか候補を決めておいて、ヨドバシカメラへ。

デジカメは初めてではないんです。「CAMDEIA C-1」という6年前購入したものは今も動きます。100万画素は当時でもスペックが高くはなかったのですが、カメラとしてのバランスの良さが気に入ったのでした。でも、ここ数年はほとんど撮る機会がありませんでした。要するに、カメラというプロダクトについての知識は持っているが、撮影好きでも何でもない人なんです、私は。

普段撮らない人間がカメラを選ぶとなると一苦労。通り一遍の知識はあるのですが、重要視したい項目が自分の中にないのです。一眼レフを触ってみたいなと思いつつも、使わなかったらなんの意味もないということで、軽くて気軽に使えるコンパクトデジカメに狙いを定めました。手ブレ補正というPanasonic LUMIXシリーズの単純な売り文句に誘われて、スタイリッシュなFXシリーズか10倍ズームのTZが特徴があっていいかな、と思って売り場を物色していました(実は見に行った翌日に新機種の発表があったみたいで、今のサイトは新機種の情報しか載ってないです)。

もうほとんどに決めかかっていて、専用ケースとかあるのかなぁと思って店員に話しかけたら、さぁ大変。この店員さん、非常に接客が私好みでした。購入基準が「どうせ買うなら何かにこだわった製品を」という私のへそまがりな性格を瞬時に見抜き、それならこれはいかがと連れて行かれたコーナーにあったのは、なんとこれ。

xacti pink

「Xacti DMX-CG6」。カメラというかビデオカメラです。普通にカメラを探していたのでは行き着かない選択肢、と店員さんが言うように、確かにXactiはまったく検討すらしていませんでした。草なぎくんが変なテンションでCMやってた頃の印象しかなかったもので。ましてビデオ撮影なんて教育系の仕事でしかしないですからね。

でもね、結局買ってしまったのですよ。店員さんの話は、Xactiが他のカメラとどう違うかという点だったのですが、これが結構説得力があり魅力的な話でした。

例えば、液晶ディスプレイをファインダに使う一般のデジカメは、顔から離して構えることになるので不安定になりやすいという指摘。それはフィルムカメラの形にこだわっているから起こることで、Xactiのように液晶ディスプレイの角度を柔軟に変え、ホールディングも片手でしっかりできる形状は、まさにデジタルカメラだからこその設計とのこと。確かにそうなんですよね。スリムデジカメにはない自然な奥行きがレンズの設計に余裕を与えている、という話もなるほどと思いました。

また、液晶ディスプレイにはリアルタイムの映像が映っているのだから、これを動画として記録するのは無理なくできるはずなのに、普通のデジカメは動画の記録がおまけになっているという話も面白かったです。Xactiはきちんとした動画が撮れるという話ではあるんですが、動画機能があるならきちんと使えるレベルで実装するほうがいいし、カメラとして使うなら撮影第一のフォルムにするのが自然なのでは、という話のアプローチに感心しました。その説明を受けてから実機を確認すると、確かに理にかなった形状をしています。うまくだまされましたね(笑)

店に入る前は全く関心のなかった商品を30分で買って帰ることになるなんて、初めてに近い経験です。しかも予算は結構オーバーなんですよね。最初は3万円で買えるならいいかと思って行きましたから。結局本体だけで5万円近いんですから。

今までろくにカメラもビデオも扱ってこなかったからこそ、再スタートするには「きっかけ」が欲しかったわけです。デジタルの動画&静止画に対して素直に設計されたXactiは、プロダクトの魅力がそのきっかけになるような気持ちになりました。忙しくてまだ箱から出せてもいませんが(笑)、気持ちを楽に始めようかと思っています。

衝動買いだし乗せられたということかもしれませんが、でも今回改めて思いました。お買い物には理由が欲しい、買う過程を楽しみたい、ということです。カタログの謳い文句や雑誌やネットのレビューと同じことを、今回は店員さんが果たしてくれたわけです。普段接するヨドバシの店員さんは結構いただけない感じだったのですが。こういう店員さんの役割を、例えばネットコンテンツならどうやったら実現できるでしょうか。と、仕事の話に持って行ったところで、お買い物を肯定して締めさせていただきます。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

PanasonicのLUMIXシリーズなら、
ゆっこちゃんや私とおそろいになってたんですよ!残念です。
でも、ヨドバシってあんまり接客されるイメージがないんですが、ガンガン接客する店員さんもいるんですね。
ヨドバシはどちらかというと、客がある程度知識をもっていて、客が選んで買うってイメージがありました。
おもしろいかいものでしたね。

momo | 2007/02/03 10:04 AM

カメラコーナーの店員さんは割としっかりしたことを話すような気がします。自身がカメラ好きなのかもしれません。
あとMacについては、黒い服を着ている店員さんはアップルの教育を受けた人たちなので、Mac関連モノを買うときは声をかけるといいかもです。

hokuto@ | 2007/02/03 11:27 PM

コメントする

この記事のトラックバックURL

http://blogsowhat.jugem.cc/trackback/450

この記事に対するトラックバック

「Xacti DMX-CG6(サンヨー:デジタルムービーカメラ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください...

Xacti DMX-CG6(サンヨー:デジタルムービーカメラ) | ブログで情報収集!Blog-Headline/life | 2007/03/13 9:22 PM